法律事務所にはそれぞれの特色があります

法律事務所での仕事は弁護士がする専門的な仕事とそれ以外の人でもできる雑用に別れています。まず電話対応がありますし電話対応は弁護士以外の人がする場合が多いのです。そして事務所の系統にもよるのです。民事系の事務所なら民事系の相談が多いですし刑事系なら刑事系となります。

おすすめは民事系の事務所となります。なぜなら刑事系は警察がからんでいたり重大なものが多いため心理的に民事より楽ではないため、初仕事とかならまずは民事系の事務所から始めてみるのをおすすめします。

弁護士の場合

あなたが弁護士の場合は依頼者の話を良く聞き分けることが求められます。

依頼者は法律の専門家でない場合が多いため一般常識・その人の価値観にようるものと法的に問題があるかとの区別がついてない場合があるためです。後は曖昧な返事は止めたほうがいいのです。あなたが弁護士であまり依頼がないときなどは報酬欲しさに法的に勝てるか分からない事案でも勝てるかのように言いたくなると思います。ですがそのときはその後のことを考えて依頼人に正直に勝てないといったことを伝えるのが依頼人からの信頼も得られますし、その後の他の事に何かしらの良い影響があるのです。

事務員の場合

あなたが事務の人の場合でも法律に関する勉強はきっちりしておくほうが望ましいです。依頼者と話す場合もありますし、依頼者の話を弁護士に取り次ぐ場合あなたに法律の知識・考えがあると正確に弁護士に内容が伝わるからです。あなたが弁護士としてでも事務員としてでも法律事務所に関わる場合やはり一番重要なのは人のことを知る努力を日々続けることなのです。

どんなに法律の知識・考えがあっても依頼者に満足を与えられなければ事務所としても弁護士としても事務員としても長くはないと思うからです。どの仕事もお客さん、人があってこそなのです。

千代田中央法律事務所の残業代請求

千代田中央法律事務所の残業代請求専門サイト。
残業代を請求するか悩んでいる方は無料相談を!