割安で効率アップ

弁護士は法律の専門家で、公認会計士は会計の専門家です。こうした専門家に相談することで、会社のコンプライアンスを維持することができます。弁護士の中には、公認会計士の資格も有する人がおり、こうした人に依頼すると一人ですべてを処理してくれます。専門家を複数雇うより割安になるので、二つの資格を有する人を見つけると良いです。

インターネットを使って検索すれば、二つの資格を活かして仕事をしている先生を容易に探すことができます。

ダブルライセンスの需要

最近は、弁護士の数が増えており、他との差別化をはからなければ弁護士もお金を稼ぐのに苦労する時代です。そこで、ダブルライセンスの取得を目指す傾向が強まっています。二つの資格を持っていると、他とは違う専門的なサービスを提供することができるため、需要が高いのです。

資格試験予備校では、二つの資格を同時に取得できるための講座を用意するなど、さまざまな工夫がなされています。大学生の多くがダブルスクールして、二つの資格を得るために努力しています。

法曹界への道

公認会計士には専門の大学院を卒業しなくてもなることができます。特定の試験に合格すればよいのです。法曹界に進むためには、法科大学院を卒業してから司法試験を受験するコースが一般的となっており、まず大学院を卒業しなければなりません。そのため、多額の費用がかかるデメリットがあります。

また、司法試験の合格率は低く、公認会計士よりも合格するのが難しいです。大学院を卒業するため、法曹界に入るまでに時間もかかります。

千代田中央法律事務所の残業代請求

千代田中央法律事務所の残業代請求専門サイト。
残業代を請求するか悩んでいる方は無料相談を!