難易度の高い司法試験

あなたもドラマやテレビその他の影響で弁護士になりたいとお考えになったことがあると思います。じゃあそもそもどうやったらなれるんだという話なのですが2種類の方法があるのです。

弁護士という資格を取得するためには司法試験という短答試験・論述試験・口述試験の3つを合格レベルに到達させることで取得できるのです。司法試験を受けること自体にも受験資格が必要とゆう難易度が高く取得するまで根気の要る資格となっています。

広がるチャンス

その2種類の受験資格方法とは予備試験という試験を合格するか法科大学院を出るかという2種類の方法となっています。以前は予備試験合格者は合格後の4月1日から法科大学院卒業生は卒業後から5年間で3回までという司法試験受験の制限がありましたが2015年からは5年間で5回可能になっております。

なのでこれから弁護士になろうというあなたにはなれるチャンスが増えていますので以前よりも気軽な気分で挑戦していただけるのです。

おすすめルート

あなたにとって予備試験ルートと法科大学院ルートでどちらが金銭的にお得に確実に弁護士になれるかをご説明します。金銭的には断然予備試験ルートがおすすめです。なぜなら試験代の約2万ほどしかかからないからです。法科大学院ルートは年間100万以上を出して長い人で3年間いる必要があるのです。

ですがおそらく予備試験ルートで独学で受かるのは容易ではないので予備校に入ることになると思いますが予備校でも断然お安くなります。それに法科大学院も優秀なところに入っていないと行っただけとなりますが予備校なら有能な講師から誰でも習えますのでその点でも予備試験ルートがおすすめです。

千代田中央法律事務所の残業代請求

千代田中央法律事務所の残業代請求専門サイト。
残業代を請求するか悩んでいる方は無料相談を!