債務整理の手続き

債務整理には、自己破産、任意整理、民事再生などの手続きの方法があります。自分で裁判所に出向いて手続きをすることも可能ですが、債権者とのやりとりや文書の作成など細々とした作業があり、個人で行うには限界があり、信頼を得にくい懸念もあるため、弁護士に依頼するのが一般的です。

まずは、代理人としての弁護士を探すことから始めるのですが、初めての人は、自分が住んでいる地域の自治体などが主催している無料法律相談へ参加してみるのもよいかもしれません。

手続きの流れ

代理人が決まれば、契約をして債務整理の開始です。どの方法で手続きをするかは代理人のアドバイスに従うことになりますが、トラブルを避けるためにも手続きの概要や進め方や費用についてきちんと理解し確認しておく必要があります。

代理人の指示に従い、債権者との取引情報に関する書類や、自分のお金に関する情報や個人情報に関する書類を収集する作業から始まります。書類等は業者や金融機関や役場などから申請できる書類がほとんどですので難しいものではありません。

代理人との信頼関係を大切に

代理人との打ち合わせを何度か行い、必要な書類を作成していきます。代理人には隠し事はせずに正直に全てを話すことが大切です。案件の内容や金額や手続き方法などによっては長期戦になる可能性もあります。

せっかく始めた債務整理ですので、新たな人生をスタートさせるためにも焦らずに妥協せずにしっかりと進めたいものです。進捗状況は、代理人に随時聞くことができます。気になる点や心配なことは全て代理人に相談しましょう。

千代田中央法律事務所の残業代請求

千代田中央法律事務所の残業代請求専門サイト。
残業代を請求するか悩んでいる方は無料相談を!